恋愛メール術・メールの書き方<相談を受けたら>

《 相談を受けたら 》


女の子と携帯メールでやりとりを繰り返していると、
女の子の方から悩みや相談を受けたりすることがあると思います。



そんな時は恋愛メール術としては、どうすれば良いのか?


結構、悩むと思いますが、
基本的には会って会話をしている時と同じように、聞き役に徹しましょう。



何故かというとメールの場合は、
会話の時以上に、相手の真意・気持ちがわかりにくいですし、
うかつに変な事を言ってしまうと、巻き返しがしにくいからです。


これは相談メールに限らずですが、
相手の反応がわかりにくいし、すぐにフォローもしにくいため、
メールでは重要な話やニュアンスのわかりにくい話は、避けた方が良いです。



さて、聞き役に徹する際の恋愛メール術として、二つポイントがあります。



まず一つ目は、
具体的なアドバイスは極力避けるということです。




相手の女の子はただ単に話を聞いて欲しいだけだったりするので、
ろくに話も聞かないうちに解決策を提示しようとすると、
逆にあなたにマイナスイメージを持ってしまいます。



十分に話を聞いた後でも、
その解決策が彼女にとって納得できないものであれば、やはりマイナスです。



基本的には具体的なアドバイスはしない方がいいですね。



続いて二つ目ですが、相手の感情に合わせてメールをするということです。



メールなので、相手の感情というのはわかりにくいと思いますが、
相談メールの場合、女の子も辛くて、どちらかと言えばテンションが低いと思います。



そんなとき、元気づけようとしてテンションを上げてしまうと、
女の子は「この人とはなんか合わないな」と無意識に感じてしまいます。



これは、よくやりがちなミスなので、気をつけましょう!!




>>彼女がいない人限定プレゼント!
女の子を思い通りに動かす5つのメールテクニック事例集の詳細はこちら!


posted by すすき at 15:04 | 恋愛メール術・メールの書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PR■無料の出会い場■

 フリーメールでOK!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。